専門家が根本的な選択を追求するのを支援するための治療前措置として、オンライン会議をどのように活用できるかを調査する必要がある。

患者評価の開始:
ウェブベースのカンファレンスは、患者の根本的な評価を行う上で重要な段階です。 患者が副作用や健康状態に関するデータを提供した時点で、専門家はそのデータを利用して患者の健康状態と病気の可能性の初期評価を行うことができます。

スターターの参考ヘルプ:
患者から提供されたデータは、専門家に初期の所見を与えるよう指示することができます。 潜在的な病気や症状は、副作用の性質や病歴に関するデータを考慮して軽減できます。 それにもかかわらず、現段階の発見は決定的なものではなく、正確な決定には追加のデータとテストが期待されています。

治療方法論の入門的な考え方:
医師は患者から得たデータを考慮して治療の導入手配を行うことができます。 患者の副作用と健康状態を考慮して、どのような治療アプローチが適切であるか、オンライン問診 何らかの方法論や検査が必要かどうかを判断できます。

重大度の判定:
インターネットベースの面接を通じて患者の副作用や状態の重大性を判断することも同様に考えられます。 与えられたデータをもとに、PCP はあなたの症状が差し迫っていて迅速な活動が必要かどうかを判断し、適切な活動を提案することができます。

臨床治療に直面する方法を推進する:
オンライン臨床会議は、専門家が基本的な選択を追求するのを支援する一方で、必要に応じて、緊密で個人的な治療へのつながりも提供します。 専門家が患者のデータを考慮して初期の結論と治療計画を策定した後、さらなる評価や検査が必要な場合には、対面でのカンファレンスを提案することがあります。

オンライン臨床会議は、治療の前段階として専門医のプライマー決定をサポートするのに役立つ方法です。 これにより、専門家は生産的に患者データを収集し、開始判断を下し、治療計画を検討し、適切な検討を行うための方針を追跡することができます。 それにもかかわらず、最後の判断と治療には継続的に対面カウンセリングと追加の検査が組み込まれることに注意することが重要です。